株価ボード

title 夢をみよう

現在は特に一般企業で普通に働いて普通に収入を得て、そして普通に暮らしていく。という極めて当たり前のことでさえも難しくなってきている時代だと日々痛感しております。そんな厳しい状況下において就職活動に苦しむ若者やリストラに遭遇し路頭に迷ってしまうはめになってしまった方などが増加している背景の中、「夢を見たい」という気持ちも同時に高まってきているとも感じております。

それも至極当然の話であって誰だって幸せを追い求めて生きているのですから、絶望ばかりが渦巻く現状などで満足できようはずがないのです。そんな中で株やFX、あるいはNISAと呼ばれる少額投資非課税制度なんかを利用して、なんとか働く以外の方法によって収入を得ようという動きも高まりつつあるのではないでしょうか。

確かにこれらはギャンブル的な要素を含んでいるために確実に儲けるということは、経験と知識に長けているプロでもない限りほぼ不可能なのですが、一方でパチンコなどのようにどう転ぼうが胴元が必ず儲けるようになっているといった詐欺まがいの仕組みとも違うため、実際に大金を手にされて人生を変えているという方も確かに存在しているという事実もあるのです。

もちろんだからといってこれに人生のすべてを賭けて挑むという行為はとてもオススメできるものではありませんが、少なくとも人生を楽しむ上でのゲーム感覚としてとらえたならば、これ以上に夢のある投資方法はなかなかないのではないかと思っております。

パソコンで買う

title 株の概要とは

株とは、投資目的で売買される会社が発行する券のことです。券を購入することにより、様々な特典を得ることにもなります。

主な購入目的としては、売買利益となるキャピタルゲインを狙うものと、配当金や株主優待などを得るものとがあります。キャピタルゲインを得るものとしてはFXなどと比べると比較的リスクは少ないとされます。また、NISAと比べて自分の好きな会社に投資をすることができるという特徴がありますし、購入数によっては、経営に対しての発言権を得ることもできます。

株の注意点は、まずは配当や株主優待の受け渡し日で、受け渡し日を知らないと、もらえる権利が得られない場合もあります。
2つ目は、差金決済取引が禁止されていることです。
3つ目は上場企業の重要情報を知る人が、その情報が一般に公開される前に売買する「インサイダー取引」が禁止されていることです。
4つ目は、本人がそのつもりがなくても、結果的にそうなることもある「見せ板の禁止」というものがあることです。
5つ目は、極端に売買のバランスが崩れた時の「特別気配」中に、売買をすることで、この間に売買しても、それは成立しません。

株の楽しみ方の一番目は安値で買い、値上がりを待ち、高値近くで売り抜ける事で有ります。

新聞、インターネットの経済欄以外にも政治、経済の動向を絶えずチェックする必要が有ります。政治、経済の動き、流れは、株価の動きに大きく影響します。売るタイミングは専門家でも難しいと言われて居り、買値の1割から2割位値上がりしたら、一度売り、利益を確保しましょう。

間違っても買値の2倍位まで待つと言う様な作戦は無謀で有り、本人もくたびれて長続きしません。

株価を見る

title NISAの概要

日本版小額投資非課税制度の事で、平成26年1月より5年間に渡り年間100万円を上限に株や投資信託などの投資での配当や売却益が非課税となる制度です。尚、FXは対象外となります。

魅力的な制度ですが、利用にあたってはNISAの専用口座を開く必要があること、他の口座と損益通算できないこと、1年間の上限金額の未使用分を次年度以降には繰り越せないなどの注意点がありますので、運用開始前にしっかりとルールを確認する必要があります。

NISAとは、小額投資非課税制度のことであり、日本においては2014年1月に開始された、株式や投資信託の投資に対して、税法上売却益へ20%かかる配当への課税を年間100万円まで非課税とする制度の事です。非課税枠が大きいため、非常に人気となっています。

ただ対象となるのは、上場されているものと投資信託、ETF、REIT等であるため、FXやバイナリ―オプション、信用取引には対象外であることに注意が必要です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031